忍者ブログ
店主の独断と偏見により、ジャンル不定で様々なものを取り扱っております。ガラクタばかりですが、ごゆるりとご覧下さいませ(PCは音が鳴ります。ご注意下さい)。
  当店について
当店はリンクフリーです。ご自由に貼っていただいて結構でございます。画像の方はご自由に持ち帰ってもらって結構ですが、無断転載はおやめ下さい。 なお、他の皆様の迷惑になる行為はおやめ下さい。
  最新入荷商品
  お客様の声
(02/19)
(11/17)
(11/15)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/24)
  店内商品検索
  客層解析(店主用)
[1] [2]
2017/08/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/07/28 (Sat)
最近ボードゲームをやっていません。部室に行ってもすぐに出かけてしまったり、居てもTRPGをやっています。
まあ、夏休みになれば機会が増えるでしょうから、問題は無いでしょう。

さて、今回の旅に参加したのは――

ジョニー(ライカン、サムライ)
ルーク(スピリット、バード)
シンキ(人間、サムライ)
ハル(ホムンクルス、アルケミスト)
イザヨイ(ミディアン、ウォリアー)

以上の5人です。もうだいぶ見慣れたメンバーになりました。

今回の内容に入る前に、各人の所属団体を決めることに。

ルーク
「酒場」でバイトシンキハル「港」でバイトイザヨイ「闘技場」でトーナメントに参加することに。とりあえず、各々給料を貰いました。

さて、今回の依頼は、「NPCを護衛しながら、神殿から奪われた武具を取り返して欲しい」というもの。依頼主はあのレイドです。何か前回も似たような感じの依頼でしたが、今回は本当のようです。まあ途中、依頼料をネコババされるところでしたが、何とかなりました。
あ、因みに武具を盗んだのは、言わずもがな聖神殿です(笑)。

盗まれた武具は「邪神の英帝」と呼ばれるもの。見た目は巨大なハンマーみたいなもので、装備するには莫大な能力値と邪悪な奇跡の習得が必要です。このアルアリードの世界の中でも、装備できるのは一人しかいないとか。

では、何故装備も出来ないような聖神殿が盗んだのか? 色んな意見が飛び交いましたが、おそらくその武具を破壊することが目的ではないかということで落ち着きました。

さて、一通り依頼内容を聞いた後は、情報収集フェイズです。ここでは手分けして動くことにしました。

ジョニーはNPCのタチを連れてくる為、大使館へ。多額のお金も貰うことができました。

ルークイザヨイは買い物の為、何でも屋バックディーラーへ。何故か同じ店に居たミノタウロスに不可抗力で殴られ、15ダメージを負うルーク。そして、割引のために利用されるイザヨイ

シンキは情報を得る為、酒場へ。重要NPCにエンカウントしましたが、こちら側へは引き入れられず、代わりに商人のおっちゃんに5ゴールドを貰いました。

ハルチビ(依頼料を掠め取ろうとしたレイドの使い、一応シーフ)の手引きの元、盗賊ギルドへ。所属を盗賊ギルドへあっさりと変更しました。

そこそこの時間をかけ、情報と装備品、そして援軍を手に入れることができました。

さて、情報の交換、装備の変更、消費アイテムの調達が終わったので、いざ目的地の「サラストバルハムの古戦場」へレッツゴーです。

道中、聖神殿に雇われた傭兵にエンカウント。勿論戦闘です。
ジョニータチシンキは前線に出て殴り、ハルは後方から魔法を飛ばす。ルークは歌を歌わずに射撃で援護する。イザヨイですが、を越えられず(突破が必要)びしょ濡れになってました。結局は超えることに成功し、前線に出てました。
途中ジョニー修羅を使い、HPをごっそり削られつつも、敵のリーダーを黙らせる。

10Dのダメージは流石に無視できない!

チビが逃げる等のトラブルがありましたが、何とか戦闘は終了。

目的地に着くには二日かかるため、途中でビバーク(野営)を開かねばなりません。
シンキハルイザヨイが見張り。ジョニールークタチ(NPC)アディス(NPC、護衛対象)が眠る中、敵意をもった存在が冒険者に迫ります。ここで気付くかどうかの判定ですが――

見張りは全員気が付かない!

結果、不意打ちを受けました。敵に射手がいたため矢が飛び、傭兵が斬りかかり、聖なる奇跡を喰いました。

さあ、ここから戦闘開始です! 随分とボロボロになりましたが、ここからです!

まあ結果から言うと、これも何とか勝利しました。途中、イザヨイが沼にはまって殴られるハルが撃たれて生死判定をするシンキのときに限ってGMの出目が高いなどのトラブル(?)がありましたが、問題はありません(笑)。

問題はアディスです。護衛対象でありながら、敵をデスサイズで片っ端から切り刻みクラウドキルを繰り出す始末。この死神、手に負えません(汗)。

戦闘終了後、目的の地下ダンジョンの入り口を発見。勿論入ります。
途中、一回ぐらい戦闘があった気がしますが、気のせいでしょう(笑)。

扉を開けると、「邪神の英帝」の破壊儀式中のボスがいる部屋でした。さて、ここで交渉などという下らない行為は意味を成さないでしょう。最終戦闘の開始です!

しかし、ここで問題が発生! バルステイン(敵のボス)がスキルを使い、彼しか攻撃対象にできなくなりました。とりあえず、こいつをどうにかしないと駄目なのですが、途中でジョニーの姿が消えてしまいました(要はプレイヤーの時間切れ)。

・・・・・・これで勝てるのか?

不安を抱えつつも、戦闘は続きます。イザヨイが遠距離攻撃を飛ばし、ハルトルネードを叩き込み、シンキが斬りかかる――のですが、シンキダメージロールは――

1、1、2、2、3

・・・・・・・・・カーン(乾いた音)。

折角、運命の硬貨(ダイスの振り直し)を使ってまで当てたのに、防御に阻まれるとは・・・。
本人曰く、「泣きたい」だそうです。その後、スキルを使ってダメージはしっかりと上乗せしましたが。

う~~ん、同情するけど、それだけだね(GM風に)。

と薄情なルーク「貫くモノ」(攻撃対象の防御無視)の一撃が、バルステインを沈めます。何と1ターンキルでした。

後は、雑魚の掃除です。と言ってもそこそこ強いのですが・・・。
一斉に斬りかかってきましたが、難なく避ける冒険者たち。――のはずなのですが、シンキのときだけGMのダイスが走ります

おかしいですよ~~、これ!

とはシンキの談。

う~~ん、同情す(以下略)。

まあ、生死判定は、今回一回で成功したからいいじゃん♪ (人事)

その後はルークドラゴン(フォルテと命名)を召還し、一人を血祭りに上げる。

そして次のターン。フォルテの炎ルークの別れの序曲ハルのトルネードで敵が全員沈み戦闘終了です。

その後バルステインアディスがいざこざを起こしましたが、何とか収拾。バルステインは近くの村に預け、「邪神の英帝」レイドのところに届け依頼終了となりました。

神殿の対立が顕著になり都市から人が逃げつつありますが、それは次回の機会に・・・・・・。

今回はフォルテの活躍の場がありましたし、ルークもそこそこ攻撃に参加できたので満足です。

しかしその反面、踏んだり蹴ったりのキャラもいる訳で・・・。今回はイザヨイずぶ濡れキャラの確立、シンキバンナムダイスが面白かったです。
PR
2007/07/21 (Sat)
最近TRPGをやる機会が多いです。まあ実際、毎週金曜日にやってるわけですが。

今回の冒険は何と7人! (キャラは8人) 過去最多です
とりあえず、多人数になればなるほど処理が大変になってくるのはTRPGの宿命。そこのところはGMに任せましょう(笑)。

さてさて、今回のメンバーです。

ジョニー(ライカン、サムライ)
ルーク(スピリット、バード)
シンキ(人間、サムライ)
ルアヴェン(ホムンクルス、アルケミスト)
ラブ(ミノタウロス、ウォーリア)
フォルロート(ホムンクルス、アルケミスト)
イザヨイ(ミディアン、ウォリアー)
シーゼル(ホビット、シーフ)

8人です。いや~~、多いですね。と言うか――多すぎじゃあ!

今回の依頼は、「聖遺物を我が元に取り返して欲しい」とのこと。因みに依頼主は、聖神殿の司教。前金ももらい、ここまでは普通の依頼なのですが、冒険者の数人が依頼主の使い(依頼主自体は来ていない)の不審な態度を見抜く。

情報収集では聖神殿邪神殿盗賊ギルドに行くことに。
聖神殿では、同じ聖遺物をめぐる部隊とすれ違いました。どうやら今回の事件は、神殿の両陣営が取り合ってる模様。私たちの冒険者グループはその争いに巻き込まれているようです。

邪神殿では、以前のキャンペーンで世話になったアストロエルトンに出会うことに。いや~~、懐かしかったです。どうやら冒険者として元気にやっているようです。

シーゼルの手引きのもと、盗賊ギルドでは聖遺物の正確な在り処、それともう一つの情報を手に入れました。ああ、もちろん多額の情報料を支払いました(笑)。

そしてもう一度聖神殿にて、盗賊ギルドの支援により、軟禁状態の依頼主とコンタクトを取ることに成功。しかし依頼主は、そんな依頼は出していないと言います。

・・・・・・ふむ、どうやら神殿の都合のために踊らされそうになったわけか。

まあ、依頼料はしっかり得られるそうなので悪い話ではないのですが、依頼主の名前を偽っている時点で、私たち冒険者は依頼を棄却。契約不履行です。

そんなこんなで聖遺物があるという「死者の平原」へ。盗賊ギルドの情報のお陰で、無駄な戦闘をしなくてすみました。ナイスです、シーゼル
聖遺物のところに行ってみると、すでに両陣営(正確には3陣営)の睨み合いが始まってました。そこに割って入る第4勢力である私たち冒険者グループ戦闘開始です!

まずはルークが相変わらず歌を歌い始めます。何と、今回はドラゴンを召還しました。これで攻撃に参加できます! (バードは全職業中、一番ダイスを振らないと思われる)

そしてウォーリアラブイザヨイが敵に突っ込んでいきます。さすが前衛、頼りになります。
とここで敵の攻撃が飛んできます。邪悪なる奇跡を唱えている模様ですが、その内容が――

敵全体に9Dのダメージ

一名を除いて、全員抵抗に失敗40ものダメージを被ることに。
と、次はジョニーの手番。移動はスキルを使ってアスロトの傍までテレポート。その後は勿論攻撃なのですが、その内容というのが――

自分とエンゲージしていないキャラクター全員が攻撃対象+自分のHPを削って、削った分だけ攻撃ダメージに上乗せ+防御力貫通

を繰り出すことに。しかも、移動後にエンゲージしているのアスロトのみ。つまり――

アスロト以外に4D+約90

ものダメージが飛んでくるわけです。え? 勿論冒険者も喰らいますが、何か? (笑) とりあえず命中判定を行います。まずはジョニーのダイス目――

クリティカル(6ゾロ、絶対成功)


・・・・・・・・・・・・そんなんよけられっかああああぁぁぁぁ!! 


冒険者のみならず敵も回避に失敗し、100ダメージという死の風が戦場を吹き荒れます。結果――

生存者:ジョニー、アスロト、敵*1

流石ジョニー! やってくれます。しかしここで悲劇が。
ルークの呼び出したドラゴンが、一度も行動することなくやられてしまいました。攻撃だけでなく、特殊効果も使えなかった(涙)。

さて、次はHPが無くなった後は生死判定です。これで成功すれば、HP1の状態で復活します。順調に復活する冒険者ですが、何故かシンキだけ成功しません味方からの援助を受け、やっとのことで復活。

何かシンキは毎度こんな感じですね。復活しにくいルークは一度で復活したのに(しかもクリティカル)。

そして次ターン、ルーク『別れの序曲』(敵全体に防御力無視の2Dダメージ)が火を吹き、次いでイザヨイの一撃で最後の敵が沈みました。戦闘終了です。

聖遺物を持ち帰り、神殿ではなく自分たちで保管しておくことに。あんなところには預けておけません。
後日談として、今回の依頼主聖神殿を抜けたことなどがありましたが、それは次回のお楽しみと言うことで。

しかし今回の冒険は、活躍できない冒険者が多かったです。ルアヴェンシンキフォルロートシーゼルラブがほとんど活躍できてませんでしたが(ほぼ全員!)、一番活躍できなかったのは――

あのドラゴン

でしょう(笑)。今度、名前でも付けてあげることにしましょう。
2007/04/28 (Sat)

え~~、人間って結構無理しても大丈夫なんだなってことがわかりました。

昨日、今日と徹夜でゲームをしておりました。と言っても、文芸部の企画のためにやっていたので、ただ単にあそんでいただけじゃありません。残念でした。

場所は、猫宅鎌取支店。泊り込みです。
メンバーは、ぴろしき様仁庭様緋炎様の4人。
今回の題目は、ルーンバウンド

23時20分から始めて、あ~でもないこ~でもないとやっていたら、終わったのは3時10分。およそ、4時間かかりました。これで、企画が一歩進みました。よしよし。

しかし、これだけでは終わりません。間髪入れずにぴろしき様オリジナルTRPG「アルアリード」をプレイ。まだまだ行くぜ~~!
しかしそんな気合はどこへやら。

ダイスが走らない!

緋炎様ハル=ノアは射撃攻撃をはずしまくり、トルネードの威力もイマイチ。
ルークスピリット(復活しにくい)ということもあり、死の一歩手前。歌を歌って、敵に地道にダメージ及び妨害をすることに。
仁庭様ジョニーの攻撃だけがたよりなのですが、肝心なところで避けられる。
次のキャラクターの構想を練っていたその時、ジョニーの一太刀がボスの体を霧に帰す・・・よっしゃ~~、勝った~~!
でも今回一番活躍したのは、実はNPCなのでは?
ぴろしき様、いつもの事ながら雑魚ボスの強さが桁違いです。

そんなこんなで、終わったのは9時ぐらい。その後何を血迷ったのか、もう1セッションすることに。流石に体力が持たず、うやむやの内にバードサムライを倒すことに・・・なんだそれ?
そして、10時ごろに休むことに。貫徹してしまった・・・。

と言うわけで、お疲れ様でした! また今度、遊び倒しましょう!
その気になれば、またあのドアを開けますので、ご安心下さい。

2007/02/23 (Fri)
合宿2日目。
起きたのは7時半。睡眠時間およそ3時間フッ・・・死ぬッス(爆)。
寝ぼけ眼で朝食を胃に詰め込み、さぁて寝るか! ・・・としたところ、見事にゲーム班に捕まり、ゲームモードに。フッ・・・私に死ねと?(笑)

そんなこんなであっという間に昼食、朝の満腹感が残っていたため無理矢理詰め込む。ケフッ・・・。
その後は夜の飲み会に備えて、宿の近くの酒屋に買出しへ・・・とグッドタイミングで降り始める・・・何が言いたいのですか? 
それでも、リクエストの物をしっかり買い揃え、帰還。部屋に行ってみると、感想会の真っ只中。私も輪の中に入り、傍観モードへ。しかし何故か白羽の矢が立ち、巻き込まれることに。いやぁ・・・、眠いんですよ。
まあ、これで合宿の目的もしっかり達成できたということで、またまたゲームモード。今回は私の持ち寄ったボードゲームではなく、ぴろしき様オリジナルのTRPGをプレイ。よっしゃ、来たぜ!
まずはキャラクターを作成しなくてはなりません。しかし、あーだこーだやっていると2時間が経過。ここで夕食(厳密には飲み会)のため、一時中断。酒の後にTRPGなんて出来るのか?(汗)

飲み会の方は最初こそ静かだったものの、途中からヒートアップ。いやぁ、やはりいいものですね。今回は結構飲みましたし、満足です。
そして、その後は約束どおりTRPGをプレイ。メンツは――

GM(本体:ぴろしき様)
このゲームの生みの親であり、途中で目標を失ってしまったGM。プレイヤーのキャラクターステイタスがハチャメチャなため、予想よりすんなり進行し不満気。 「このゲームつまんない!」
シーゼル(シーフ、本体:天崎久遠様)
今回誰よりもダイスを振り、ニワトリになってまでトラップ感知をした健気なプレイヤー。キャラクター作成時に、「耐久」のダイスを5回以上振りなおした猛者。バックスタッブを使った時にはダイス目が走らない性質を持つ。マスターの吟遊詩人に頭を悩ませる。 「コケ~~コッコ!」
J.J.ジョニー(サムライ、本体:仁庭十多様)
今回のMVP。やるときにやってくれる「筋力」不足のサムライ。幼馴染のヴァルキリーのおもりも務める。しかし、人間関係は薄い。何故かダイスの神が降りてきている。大使館は独壇場だ。 「み、みんな~~、お金もらったよ~~」
シュティア(ヴァルキリー、本体:うさゆら様)
攻撃を避けまくるぽえっ娘。一発一発のウエイトも重く、ゴブリンぐらいなら即死。しかし、アドベンチャーパートでは何も考えてないのか、付いてきているだけ。シーフに思いを寄せているが、その設定を覚えているのか? 「めきょ、っていったの(はぁと)」
ルーク(バード、本体:私)
「印象」なら誰にも負けない、八方美人の吟遊詩人。アドンベンチャーパートでは大活躍だが、戦闘では歌うことしかなく暇。今回一番ダイスを振っていない。義妹のヴァルキリーの奇行に頭を悩ませる。 「俺の歌を聴け~~!」

こんな感じでした。
詳しいレポートは省略します。というより、覚えていませんし(爆)。
最初の情報収集を念入りにしたため、GMの予想以上の情報を手に入れました。しかし、時間もかかりこの時点で2時間が経過。
そして、ついにダンジョン探索。ここからは天崎様の独壇場。トラップ探知、トラップ解除! 戦闘では仁庭様とうさゆら様が活躍。完全援護キャラなので、目立たないように援護。
4時間経過時点で、場にわけのわからない雰囲気が漂う。そして、結末を忘れてしまうGM。仕舞いには――

神→YES NO

・・・なんじゃこりゃぁぁぁ!!
それでも何とか軌道に乗り、無事に冒険終了。合計6時間半かかりました。ふ~~、お疲れ様です。
現在時刻4時半。この後、ゲームにも誘われましたが流石に体力が持たず、ダウン泥のように眠りました。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
只今の時間
来店者数
店主プロフィール
HN:
夢遊猫
性別:
男性
職業:
遊び人
趣味:
猫・散歩・ボードゲーム
自己紹介:
気ままな旅人です。「気分と適当」を行動の基幹におき、毎日をのほほんと旅しております。基本的に受動態質な人間です。まぁ焦らず、まったりと行きましょう。
性格は、小心者で気分屋。3度の飯よりゲームが好きです。最近はデジタルゲームを捨て、ボードゲームにハマッております。
ファンブル続きの日々でも楽しいものです。

メールアドレス:
principle-of-zeon@hotmail.co.jp
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *