忍者ブログ
店主の独断と偏見により、ジャンル不定で様々なものを取り扱っております。ガラクタばかりですが、ごゆるりとご覧下さいませ(PCは音が鳴ります。ご注意下さい)。
  当店について
当店はリンクフリーです。ご自由に貼っていただいて結構でございます。画像の方はご自由に持ち帰ってもらって結構ですが、無断転載はおやめ下さい。 なお、他の皆様の迷惑になる行為はおやめ下さい。
  最新入荷商品
  お客様の声
(02/19)
(11/17)
(11/15)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/24)
  店内商品検索
  客層解析(店主用)
[1] [2] [3]
2017/08/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/08 (Thu)

「喰」第三回です。どしどし行きますよ。
今回は意外と普通(?)です。今までが随分と変化球でしたからね。



ねっ、普通でしょ(笑)。キャベツ太郎たこ入り丸天が普通じゃないとは言いませんけど・・・。
と言うわけで、今回は「うどん」についてレポートしていきたいと思います。所詮、素人目ですけどね(苦笑)。

私はそばうどんでは、うどんの方が好みです。
うどんはコシ喉越し、これに尽きます。コシのないうどんは旨くも何とも無い。そのため駅の立ち食いでは、うどんよりそばの方を頼むことが多いです。立ち食いの場合、変に柔らかいうどんが多いんですよね。
そばは濃い味付け、うどんは薄い味付けの方がよろし。薄いそば濃いうどんは何故か旨くない。しかし、どちらもダシが効いてなくてはいけません。ネギも忘れてはいけない。

箸でごっそり掴み無造作に噛み付き、ズゾゾゾと音をたてる。唇の感覚が心地よい。歯で噛むと、気持ちいい抵抗が返ってくる。暫くその抵抗を楽しんだ後、喉の奥に流し込むと微かに残る小麦粉の味。旨い。

などと書いてきましたが、後から見てみると何か恥ずかしいですね。普通に書いてる自分に違和感を覚えます。
まあそれは置いておいて、私のオススメスポットをいくつか紹介したいと思います。

いっつうぇる
立ち食いそば屋。蘇我駅、千葉駅などあちこちに展開。そばやうどんはこれと言って特徴が無いが、吸口として乗せた柚子三つ葉が気に入っている。ツユはさらっとして、濃いけど多少甘め
因みに私のお気に入りはたぬきうどん(又はそば)です。

ウエスト
「本場の博多うどんを提供」というコンセプトの店。千葉や鎌取など全国に展開しているチェーン店。うどんは旨いが、ツユが少し濃いかな。色は薄いのに・・・。揚げたての天ぷらや、入れ放題のネギ天カスが嬉しい。おでんもあり。お気に入りはゴボウ天うどん。

丸亀製麺
「こだわりの讃岐うどんを手軽に味わえる店」というコンセプト。蘇我アリオのフードコートにあり。ここは硬めに茹で上げられたうどんが旨い。ツユは・・・平均的かな。トッピングは自分で選べて(セルフ)、おでん・天ぷら・おにぎりなどがある。あなご天半熟たまご天など変わった物もあり。オススメは冷ぶっかけうどん

因みに写真は、丸亀製麺の冷ぶっかけうどん(大)、420円也。

うどんを喰う時は量を考えろ。後先考えずに詰め込むと喉に詰まるぞ!(笑)

PR
2007/03/07 (Wed)

早速、「喰」第二回です。飽きる前にどしどしアップしていきましょう。
最近のマイブームの物を紹介したいと思います。



・・・コアですね。中々オーソドックスな物が出てきません(汗)。
岡山は元大という会社が出している物です。価格は100円。内容は丸天(さつま揚げ)を棒状にした物です。
一見したところ単なるさつま揚げですが、これには2つのポイントが隠されています。

たこが練り込まれている。
ウズラの玉子が丸々1個、中に入っている。

しかしはっきり言って、たこの味は・・・しません(爆)。たこと思しき食感は感じられますが・・・。そして酒の肴のため、味が濃いです。
これだけでは私の琴線には触れなかったでしょう。しかし、②がこの丸天のキモなのです。
途中まで食べていくと、突然顔を見せる黄色い黄身そして濃い味付けに黄身のまろやかさが加わり、中々オツな味になります。これが嬉しい。

同じ職場で働いている人に、これ烏龍茶チェリー(煙草)を差し出したところ、

「これじゃオヤジだよ(笑)」

と言われました。・・・さもありなん。
しかし意外にいけるんですよ、これがまた。現在リピーターは私だけですけどね。

2007/03/06 (Tue)

記念すべき「喰」第一回は、キャベツ太郎で行きます。
・・・何故第一回にこれを持ってきたのか、私としても疑問なところです(笑)。



「キャベツ太郎」 製造:菓道 販売:やおきん

駄菓子屋だけでなく、セブンイレブンなどのコンビニにも置かれている問題児です。98円90gというコストパフォーマンスの高さで、学生の飲み会に大活躍しています。因みに、私もお世話になっております。
口の中に放り込んでサクッと噛む。とうもろこしで作られたスナック独特の軽い口当たり、決して上品とは言い難いソースの味そして、歯に張り付く本体と青のりここがキャベツ太郎のミソである。
ふと袋から取り出したやつにソースがゴッソリ付いてると無性に嬉しくなります。

しかし、キャベツも入っていないのに「キャベツ太郎」とは、これいかに。七不思議の一つですね(笑)。パッケージに描かれているカエルも独特の世界を作り出しています。
そして某氏曰く、5年間寝かせたキャベツ太郎(!)は体積が小さくなり味も熟成されているとのこと。うむむ、玄人向けの食べ物ですね。

とりあえず、ゲームやパソコンの最中に食べる時は難易度アップ。

コントローラーやマウスを油まみれにしたくなければ注意しろ!

2007/03/05 (Mon)
新カテゴリー追加です! ますます何のブログかわからなくなってきました(汗)。
このカテゴリーでは、私たちが普段口にしている「食べ物」についてつらつらと書いていきたいと思います。

と言っても――

私はグルメではないので、細かな味の違いなどは全くわかりません。

多少腐ってても食べられますし(笑)。

ここで取り上げるのは、私たちが普段食べている食べ物です。駅の立ち食いソバコンビニの肉まん、そしてコンビニ菓子など食べるものであればノンジャンルで取り上げていきます。その方が書いてて楽しい。

書体は――

空腹の時に見ててムカつくような文章

を目指していきたいと思います。なるべくなら写真付きで。
ということでお楽しみに!
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
只今の時間
来店者数
店主プロフィール
HN:
夢遊猫
性別:
男性
職業:
遊び人
趣味:
猫・散歩・ボードゲーム
自己紹介:
気ままな旅人です。「気分と適当」を行動の基幹におき、毎日をのほほんと旅しております。基本的に受動態質な人間です。まぁ焦らず、まったりと行きましょう。
性格は、小心者で気分屋。3度の飯よりゲームが好きです。最近はデジタルゲームを捨て、ボードゲームにハマッております。
ファンブル続きの日々でも楽しいものです。

メールアドレス:
principle-of-zeon@hotmail.co.jp
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *