忍者ブログ
店主の独断と偏見により、ジャンル不定で様々なものを取り扱っております。ガラクタばかりですが、ごゆるりとご覧下さいませ(PCは音が鳴ります。ご注意下さい)。
  当店について
当店はリンクフリーです。ご自由に貼っていただいて結構でございます。画像の方はご自由に持ち帰ってもらって結構ですが、無断転載はおやめ下さい。 なお、他の皆様の迷惑になる行為はおやめ下さい。
  最新入荷商品
  お客様の声
(02/19)
(11/17)
(11/15)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/24)
  店内商品検索
  客層解析(店主用)
[139] [138] [137] [136] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128]
2017/09/27 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/06/17 (Sun)

相変わらず財政難の日々が続いています。何故、主食を買わないで菓子を買うのか? そして何故、折角人が有り金はたいて買った菓子に手を出す輩がいるのか? これはこの店の入社試験せねばなるまい。
まあ、そんなファンブル続きの日々は置いておいて、「喰」第八回です。



この頃、コンビニの駄菓子コーナーでも見かけることが多い菓子です。以前は駄菓子屋でしか手に入らない物だったのですが。時代とは恐ろしいですね。

茨城県は菓道という会社が販売している「ビッグカツ」というものです。以前、このブログで取り上げた「キャベツ太郎」も、この会社の商品です。どうやらこの会社は、只者ではないようですね。

さて本題に入って、このビッグカツですが、構造としては、魚のすり身を焼いたものが付いているといった代物です。

袋を開けて齧り付くと、中々ハードな噛み応え。負けじと顎に力を入れて噛み切る。
口の中で砕いていくと、口中に広がるピリッとしたカレー粉ソースの香り。そして、チキンエキスを含んだ油が、口中を潤す。
全てがチープな味覚。しかし、何故これほどまでに旨いのか・・・。

このビッグカツの値段は31円。私の近くの駄菓子屋で売られていた(そこでは30円)のですが、駄菓子の中で30円は中々な高額商品。それでも、行く度に買ってしまってました。それほどまでに、癖になる菓子なのです。

高校時代、日暮里の駄菓子問屋に足を運んだことがあるんですよ。勿論ありましたよ、ビッグカツ

30個入りで720円(卸値の為、通常よりも安くなる)

迷わず購入♪ え、財布の中身? そんなもの気にしてたら買い物なんかできませんよ(爆)。
家に帰って、山のようなビッグカツに齧りつく。まさに口福でしたね。

(余談ですが、ちょっとだけパッケージが変わりましたね)

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
人の持ってるビッグカツってなぜか美味しいよね(笑)
二年A 2007/06/17(Sun)22:35:48 編集
Re:無題
『隣の芝生は青い』ってか? まあカツに限らず、人の物は旨そうに見えるが、後ろから手を出すのは勘弁願いたい。
【2007/06/19 20:45 夢遊猫 】
無題
ビッグカツってなかなか飽きませんよねぇ。
キャベツ太郎もそうですが、あの濃さがなんともいえませんよね
御剣 2007/06/18(Mon)22:06:46 編集
Re:無題
病みつきになるよね。菓子としては安い方だしな。
そうか、駄菓子に共通してるのは、味の濃さか。なるほどなるほど。
【2007/06/19 20:46 夢遊猫 】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
只今の時間
来店者数
店主プロフィール
HN:
夢遊猫
性別:
男性
職業:
遊び人
趣味:
猫・散歩・ボードゲーム
自己紹介:
気ままな旅人です。「気分と適当」を行動の基幹におき、毎日をのほほんと旅しております。基本的に受動態質な人間です。まぁ焦らず、まったりと行きましょう。
性格は、小心者で気分屋。3度の飯よりゲームが好きです。最近はデジタルゲームを捨て、ボードゲームにハマッております。
ファンブル続きの日々でも楽しいものです。

メールアドレス:
principle-of-zeon@hotmail.co.jp
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *